リフォーム前に株式会社キーマンの耐震診断を受けよう

株式会社キーマンに依頼する耐震診断の必要性~家と家族を守る~

リフォーム前に株式会社キーマンの耐震診断を受けよう

工事現場

耐震診断とは

安心して暮らしている家でも、大地震が起こると倒壊してしまう恐れがあるかもしれません。その倒壊の恐れがあるかどうか確認することができるのが耐震診断です。株式会社キーマンなどの企業で耐震診断を行うことができます。

耐震診断が必要な住宅

全国各地にある住宅のうち1800万以上が耐震補強や改修工事を行わなければいけないと言われています。その住宅の工事を行うには、必ず耐震診断を行わなくてはいけません。しかし、耐震診断に対する意識がまだまだ足りておらず、耐震補強や改修工事が必要な住宅がたくさん残っているのが現状です。

自宅の耐震性に不安のある方は

現状、自宅の耐震性について不安に思っている方も多くいて、自宅が倒壊しないようどうすればいいのかと悩んでいる方も多いようです。耐震性の低い家が大地震に見舞われてしまうと、倒壊する恐れがあるだけでなく、その家に住んでいる方も倒壊に巻き込まれてしまう可能性もあります。そのため、早いうちに耐震診断を受け、自宅の耐震性を高める工事を行う必要があるのです。

疑問を解決して耐震診断を受けよう

耐震診断を受ける必要性についてご説明させていただきましたが、ご理解いただけましたでしょうか。その他にも耐震診断について寄せられることの多い質問に対してQ&A方式でお答えしていきます。自宅の耐震診断をしてもらいたいとお考えの方は、参考にしてみてください。

耐震診断に関する疑問にお答え

どんな場合に耐震診断を受けたらいいのか?

2000年以降に建てられた家だと、新たに建築基準法が改正されてから建てられているので、2000年以内に建てられた家に住んでいる方は耐震診断を受けるようにしましょう。また、過去にリフォームを行った家や、これからリフォームを行う予定の家も耐震診断を受けることをおすすめします。

診断にかかる時間は?

耐震診断を申し込んで、決めた日時に合わせて耐震診断を行いますが、診断は1日以内では完了します。だいたい3時間前後で診断を終えることができます。その後、1週間ほどで判定の結果を知ることができます。

どの部分を調べるのか?

耐震診断では、間取りの調査や外壁などの家の周りの調査、床下の調査などを中心的に行います。間取りの調査では室内の壁の構造を確認したり、配置バランスが崩れていないかの確認を行います。家の周りの調査では、外壁のひび割れチェックや、基礎のひび割れ、雨漏りがないかの確認を行います。床下も同じようにひび割れや雨漏りの確認を行いますが、シロアリ被害なども一緒にチェックします。

耐震診断を行う人とは?

耐震診断を行うには、しっかりとした知識がなくてはいけません。そのため、耐震診断を行うことが可能な資格所有者が調査を行います。大工さんのような建築経験が長い方でも耐震診断ができるというわけではありません。耐震に関する知識や技術を持っている方が診断を行わなければいけないのです。

リフォーム前に耐震診断を行ったほうがいいのか?

リーフォーム後でも耐震診断は可能ですが、基準を満たしていないと補強工事が必要になってしまう可能性もあるので、できるだけリフォーム前に耐震診断を行うことをおすすめします。リフォーム前に耐震診断を行うことで、診断結果に合わせて正しいリフォーム計画を建てることができるため、その分工事費用を抑えることもできます。

広告募集中